バリ島 ロビン・リム女史との出会い

9月2日 京都にてお産カンファレンスに参加。
〇基調講演 出産と人権~女性を大切にする助産とは~  
ロビン・リム女史(ブミ・セハット国際助産院 院長)
〇パネルディスカッション 
WHO新ガイドライン「肯定的な出産体験のための分娩期ケア」の実現に向けて


始まりが、なんと!
お産劇でこの赤ちゃん(人形)をロビンが出産の場面からスタート!
アドリブで会場にいる助産師が介助。


そして助産師である自分の手を観て!
この手でお母さん方に触れ、赤ちゃんに触れ、
世界を変えていく。と・・・ロビン。
母が幸せ=子どもが幸せ=世界平和
その母の幸せにかかわるこの手をしみじみと自覚。

バリ島にあるブミ・セハット国際助産院
妊産婦死亡率がASEAN諸国でも最悪水準のインドネシア。
貧困層の妊産婦は妊婦健診も受けられず、
飢饉や栄養失調から多くの妊産婦が命を落とす現状に
24時間365日無償医療を提供している。

また、ロビン・リム助産師を支援している団体Earth Companyが凄い!
Vision 次世代に残せる未来の創造
Mission 社会変革を起こす「人」と「団体」を支援・育成
素晴らしいの一言に尽きる。
共同創設者の濱川明日香・知宏夫妻 
ダライラマ14世より「Unsung Heroes of Compassion(謳われることなき英雄)」受賞。

ロビンは何度も何度も「I LOVE YOU」と言葉を発していた。
会場にはその愛のエネルギーが満ち満ちていた。
懐かしい仲間にも偶然か必然か何人にも会った。

今後の展開が何か大きく変化するのを感じる。
日々のひとつひとつを大切に生きていこう!

出張さんばステーション日野春☀松浦助産院
松浦照子

カテゴリー: さんば の こころ, 更新情報 パーマリンク