将来の助産師さんと

先週まで20度後半の南国沖縄にも、とうとう冬がやってきました。

今年も残すところあとわずかですね。

友人の紹介で「将来助産師になりたいです」という高校2年生の女の子とランチをしました。無垢な瞳で耳を傾けてくれる女子高生に、あれやこれやといっぱいしゃべってしまった!
ついついしゃべりたくなっしまうお人柄、めちゃくちゃ助産師向きとお見受けしましたよ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

助産師の中でも開業助産師、分娩取り扱いの珍種の私との出会いは、彼女の未来にどう絡んでいくのでしょうか。

いのちにかかわる醍醐味、面白さ、大変さ、伝わったかな?
知らず知らず、何回も「いのちって、すごいよ!面白いよ!」って言ってました。

将来、一緒にお産談議ができるといいなあ~。

ちょうど中間点にいるような年代の私たち世代。先輩助産師さんから受け取ったものを、私なりに熟成、発酵させて、次の世代にも手渡していく時が来たのかもしれませんね。

 

 

出張さんばステーションうるま 助産院むすびや

板垣文恵

カテゴリー: さんば の こころ, 日々のつれづれ, 更新情報 パーマリンク